伊藤忠エネクス株式会社

  • English
  • グループ会社一覧
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

ページ内を移動するためのリンクです

文字サイズ
  • 標準
  • 大
  1. ホーム>
  2. 投資家情報>
  3. 経営方針>
  4. IR基本方針

ここから本文です

IR基本方針

当社は、経営理念・社員の行動規範・グループ行動宣言及び東京証券取引所「コーポレートガバナンス・コード」の趣旨に基づき、「適時性」「公正性」「正確性」「明瞭性」「継続性」を原則として積極的なIR広報活動を推進しながら、すべてのステークホルダーとの公平・良好な関係の構築と正当な市場評価の確保を目指し、かつ持続的な企業価値向上の実現を目的としてIR基本方針を定めております。

対象となる情報開示

本方針は以下の手段による情報開示及び対話を対象としています。

法定開示

金融商品取引法に基づく開示
有価証券報告書、四半期報告書、内部統制報告書、臨時報告書、等
会社法に基づく開示
事業報告、計算書類及び連結計算書類、等

東京証券取引所の求める開示

適時開示情報
東京証券取引所から適時開示を求められている決定事実及び発生事実等
コーポレートガバナンス報告書等の開示

その他の情報開示

当社では、東京証券取引所の適時開示規則に該当しない情報につきましても、一般投資家をはじめとしたステークホルダーの皆さまに適切に当該情報が伝達されるよう配慮を行っております。

任意開示情報
IR関連開示資料
決算説明会資料、ファクトブック、等
IR関連刊行物
株主通信、統合レポート、英文アニュアルレポート、等

情報開示方法

適時開示規則に該当する情報の開示につきましては同規則に従い適時開示情報システムTDnet(Timely Disclosure Network)に公開するとともに当社ホームページへの掲載を行っております。また適時開示に該当しない情報を開示するに当たっても、同規則の趣旨を踏まえて適切に当該情報が一般の投資家・株主に伝達されるよう配慮を行っております。

開示委員会

当社では、取締役会・経営会議による適切かつ機動的な意思決定に資すること、当社グループにおける重要な会社情報を網羅的かつ迅速に収集し、開示の要否と内容の正確性、明瞭性、十分性、公正性ならびに積極性を審議し必要な情報を公開することを目的として開示委員会を設置しております。

  • 開示委員会は取締役会・経営会議の情報開示諮問機関とする。
  • 開示委員長は管理部門長が務める。
  • 開示の実務に係る事務局はコーポレート・コミュニケーション室が務める。
  • 情報取扱責任者はCIO 兼 CFOとする。

株主・投資家との対話

株主及び投資家等へ情報開示や対話を行うにあたりましては、関係法令及び諸規則を遵守したうえで対話による双方向のコミュニケーションを大切にし、当社の経営状況や経営方針その他の情報を適時・公正・正確・明瞭かつ継続的に説明することに努め、さらに皆さまから頂いたご要望やご意見を経営陣にフィードバックしております。
対話にあたりましては、調査広報部を事務局として関係部署との緊密な連携を図りながら、合理的な範囲において社長をはじめ、IR担当役員(CIO 兼 CFO)ならびに取締役・経営陣幹部が対応するよう努めております。

主な活動

  • 半期ごと(第二四半期・本決算)にアナリスト・機関投資家向け決算説明会を開催
  • 機関投資家との個別面談の実施
  • ホームページの投資家向けコンテンツの充実

株主および投資家等との対話等におけるインサイダー情報の取扱いについて

公式な開示が行われるまで第三者に伝えないことを原則とし、また個別面談等で投資家と対話を行う際には複数名で臨み情報の取扱いに万全を期しております。

沈黙期間

決算情報の漏洩を防ぎ、情報提供の公平性を確保することを目的に、通期、四半期の業績公表直前の2週間を「沈黙期間」とし、該当期間は決算および業績見通しに関するコメント・説明を行っておりません。

株主構造の把握

株主名簿管理人による株主名簿及び調査会社による実質株主情報等を入手し、株主構造の把握・分析を行い、IR・SR活動に役立てることとしております。

以上

ここからサイト共通情報です

  1. ホーム>
  2. 投資家情報>
  3. 経営方針>
  4. ディスクロージャーポリシー